lechet club lechemama.exblog.jp

猫の心臓病

沢山頂いたお花も何回かアレンジし直して、こんなに少なくなってしまいました。
それだけ日にちがたってしまったということですね。
f0022292_0322019.jpg









その兆候と思われる症状が大分以前からあったので、書いておきたいと思います。

1/咳き込み 4、5年前からあったように思います。長い事毛玉吐きとばかり思っていました。でも当たり前ですが毛玉は吐かないんですよね。病院では気管支炎では?ということでしたが、その時点で心電図を撮っていれば、もう少し長生きできたのではと思います。

2/身体の震え 少しの気温低下で身体が小さく震えていました。猫は寒さでは震えることはないそうです。こちらも寒いから震えているんだとばかり・・

3/時々後ろ足を若干引きずるように歩くことがありました。いつもではないので、関節炎だろうか?と思っていましたが、心臓が悪くなると後ろ足が悪くなるそうです。

4/40cm程度の低い場所でもジャンプできなくなりました。3と関連している症状だと思います。ソファーくらいの高さでもジャンプできませんでした。

もし、症状で思い当たるところがある子は心電図を撮ることをお勧めします。
レチェは自宅でとりましたが、手足の関節辺りのお肉をクリップで挟むという簡単で痛みも無い方法でした。
レチェの場合は高齢で、薬の副作用のほうが恐いということから発作がおきたときのみ、血管を広げる薬をなめさせていました。
でも若い子なら、早く見つける事で投薬によってきっと長生きできると思います!
[PR]
by lechemama | 2006-05-05 01:17