lechet club lechemama.exblog.jp

レチェ享年18歳。最高猫!メールはこちらへlechemama@excite.co.jp


by lechemama
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レチェの三回忌

4月23日はレチェの3回忌です。
レチェは本当に可愛くて、乱暴者で、甘えん坊で賢い猫でした。たぶん、私達の子供になるはずだったのが、間違って猫になってしまったのではないかと思っています(^^ゞ
レチェと暮らした日々は本当に楽しかったです。

レチェがもう長くは生きないであろうと獣医さんから言われて始めたこのブログですが、今読み返してみれば、皆さんの暖かい言葉が沢山詰まっている宝箱でした。

f0022292_0104382.jpg

[PR]
Commented by きゃら at 2008-04-23 00:43 x
なんか今でもレチェくんはグリーンのクッションで
気持ち良さそうにくつろいでる気がします。
このブログでいつも写真を見てるからかしら・・・
レチェ家に行けば会えそうな気がしちゃいます。
それだけ存在感の大きな子だったって事ですね~。
Commented by みにゃん at 2008-04-23 16:13 x
そうそう。この水色のしましまの服が晩年のトレードマークでしたね。
浴衣姿も覚えています。浴衣で色っぽい流し目のおさしんがあったのよ~。(^^♪
Commented by M at 2008-04-23 17:15 x
3回忌、、、
早いものですね。
レチェという猫がお二人にとってとっても特別な存在だったこと、よ~く分かります。

今朝、我が家も丁度アディーの思いで話をしていたんですよ。
春は大好きなんですけどネ、、、
けれど06年以降、桜の季節になる胸がキュンとなっちまうんですよネ、、、

しま模様の服を着たレチェ、めっちゃ可愛いっす!!
Commented by バシ at 2008-04-23 17:58 x
このカツラのような頭の模様、良いんですよね〜。
そして独特お声も、忘れられません!
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-24 00:39
○きゃらさん
あのグリーンのクッション、好きでしたから・・。
今はココがたま~~に使っています。レチェに遠慮してるのかな?
初めて飼った猫で、色んな事をやらかしてくれましたので、本当に存在感ありました。どっちかというとワルな猫だったかも~(^^;
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-24 00:45
○みにゃんさん
この服が一番レチェの体に合っていたので、顎の下あたりは洗っても汚れが落ちないくらい着込んでましたっけ。
私が面白がって若い頃からレチェの体をオモチャに遊んでいたので、服を着せても嫌がらなくなったんですよね。
晩年は体温が低くなっていたので、服は重宝しました。
浴衣や祭りの半被もありましたよ~。イイ男だったわ~(^^ゞ
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-24 00:51
○Mさん
レチェを火葬したあとに目に入った花がハナミズキだったので、今年も今が満開のハナミズキを見るとあの日を思い出します。
レチェの後、アディちゃんもあっという間でしたね。春は花が綺麗ですが、別れも多い季節ですよね・・。
やっぱりレチェとアディーちゃんは重なって思い出してしまいます。
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-24 00:57
○バシさん
ハチ割れた模様も良かったのですが、襟足の黒い部分がとてもいい感じで、後ろ頭もとても好きでした。
声を覚えていてくれて嬉しいです!バシさんが会った時は年を取ってあれでもかなり猫らしい声になっていたんですよ、、、(^^;
壮年期のレチェの声は凄いダミ声で、猫らしくなかったのです。
写真を見ると目も・・こんなに離れた猫って・・・あまりいないかも(^^;;;
Commented by mia at 2008-04-24 05:34 x
早いですねえ。
若い頃は凶暴だったなんてとても信じられない、接待上手のレチェくんでしたよねえ。
お持ち帰りしたかった。 (^_^)
Commented by うさねこ at 2008-04-24 14:40 x
レチェくんのお顔はとても人間ぽくて
レチェママさん、おハチさんとは人の言葉で話しているのでは?と密かに思っていました。
この水色のお洋服お似合いでしたね。
Commented by リリー at 2008-04-24 19:12 x
胸がいっぱいになってしまって書き込めませんでした。
花ミズキが咲くころになると切なくなります。
レチェのこと心配で、毎日真っ先にブログを見ていたこと、後を追うように逝ってしまったアディー。
そしてその一か月後に母までもが天国に召されていった2006年。
正直、自分が何を考え、何をしていたのか思い出せないのです。場面ごと、静止画像のように浮かんでくるのですが、時間設定や場所や細かいこと思い出せません。
でもあの時感じたどうしようもない寂しさ、悲しさは時間が癒してくれました。レチェとアディー、今頃虹の橋で私たちを待っていてくれることでしょう。 レチェの緑の瞳、本当に素敵でした。 この子たちに出会えて私たちは幸せだったね。
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-25 00:42
○miaさん
本当にあっという間に3回忌がきました。

接待は仕込んだ訳でもないのに、いつの間にかお客様の膝の上に乗ったりするようになったんですよね。
miaさんたちに会っていただくようになって、お客様皆が優しく声をかけてくれるのが嬉しかったのだと思います。
若い頃はね・・猫ってこんなに凶暴だっけ?といつも疑問に思っていたくらいですから。晩年は本当に穏やかでしたね~(^^)

Commented by LECHEMAMA at 2008-04-25 00:49
○うわねこさん
レチェがネットデビューした頃には、レチェの中にはおハチが入っているとのもっぱらのウワサが・・(^^;
でも本当にこうしてみても顔つきが人間ぽい猫でしたね。
流石に人間の言葉は「ごはん」しか言えませんでしたけど(^^)
いつも目で訴えてきて、それが通じないと齧るは引っ掻くわで、私はいつも傷だらけでしたっけ。それも楽しい思い出になりました~。
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-25 01:40
○リリーさん
あの頃のリリーさんは何と言っていいか解らないくらいの大変な日々でしたものね。なのにいつもレチェのことを気にかけていただいて、本当に有難うございました。
昨日は白いフリージアと猫缶をあげました。結局まだお骨はリビングに。そろそろふんぎりつけなくちゃいけないのかな・・。

アディーちゃんやレチェと暮らした日々は一生の宝物ですね!
時々レチェのさらさらした体を撫でたくなったりするけれど、こんなにも愛すべき子と暮らせたことは、本当に幸せ者だと思います。             
Commented by くま吉 at 2008-04-26 23:29 x
早いものですね。
たった1回しか会ってないなんて信じられないです。
ものすごくレチェの存在は大きかったのでねえ。
我が家では今でもまろとの会話にレチェが出てきますよ。
「そんなことじゃレチェ兄に笑われちゃうよ」ってね。
ま、また会えるからいいの。
ね、レチェ?(^^)
Commented by LECHEMAMA at 2008-04-28 00:17
○くま吉さん
三回忌は本当に早いですね・・。
くま吉さんとは一回しか会ってなかったんですよね。でもそんな感じがしないのが、いつもくま吉さんがレチェの事を気にかけてくださっていたからだと思います。
レチェがまろちんの兄貴役だから、まろちんが・・(^^;
いやいや、最近はとてもお利口に留守番もしてますしね!これでレチェ兄のように接待が出来ればね~。15歳位になればすべての部分でレチェ兄の上をいくオトコになっていると思います(^^)
レチェはいつも側にいますからね!
by LECHEMAMA | 2008-04-23 00:10 | 猫(レチェ) | Comments(16)