lechet club lechemama.exblog.jp

レチェ享年18歳。最高猫!メールはこちらへlechemama@excite.co.jp


by lechemama
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

五月晴れの朝に・・

Mさんリリーさんの可愛い一人娘のアディーちゃんが天国へ旅立ちました。
今年の始めに乳腺がんを手術して順調に回復、安心していた矢先の事だけに残念で仕方がありません。
レチェが旅だって一ヶ月ちょっと・・まさかアディーちゃんも天国へ行っちゃうなんて思いもしなかった事です。

肺にがんが転移していて少し苦しかったね・・
でもずっと側に優しいお二人の気配を感じて、安心して天国へ登ったことでしょう。
アディーちゃん、Mさんリリーさん、ゆっくり休んで下さい。
[PR]
Commented by リリー at 2006-05-31 14:12 x
レチェママ & おはちさんへ

アディーはレチェの後を追うように旅立ってしまいました。
おむつやサプリを送っていただいたのに、全部使い切ることなく逝ってしまいました。

でもね、不思議なくらい苦しい顔してなかったの。
穏やかで、目が澄んでいて、仔猫のようでした。
最後は1.5キロくらいじゃなかったのかな。 良くあの体でここまでもったと関心してます。 お骨を拾う時に係りの方が、とても丈夫な歯をしている、と感心していました。 最後に食べたのもカリカリだったしね。本当に肺に転移していなかったら、もう少し生きられたのかもしれません。

時間が癒してくれると信じてます。
またご飯でも食べながら思い出話しましょう。
色々な励ましありがとうございました。本当に嬉しかったです。

Commented by lechemama at 2006-05-31 17:40
○リリーさん
レチェも最後はとても奇麗で可愛い顔をしていました。
アディーちゃんも同じように穏やかな顔だったですね。
お花に囲まれてとっても奇麗でした。

レチェは3kgになっていました。
アディーちゃんはその半分ですから、小さな体でよく頑張りましたね。
レチェなんか根性なくて、本当にあっという間に行っちゃったから(^^;

家が行った霊園は予約しないと立ち会い葬ができなかったので、2日間霊園に預けたのですが、その間の寂しさといったら!
アディーちゃんは一緒にお家に帰って来られたんですね。よかったわ!(^^)

リリーさんはまだまだこれからも大変でしょうけど、時間をみはからって偲ぶ会をしましょう!
Commented by いけだ at 2006-06-01 13:03 x
飼い主さんとしてはいろいろな気持ちがあるでしょうが
アディーちゃんとしては最高の猫人生だったと
言ってくれるのではないでしょうか。
ご苦労様でした。
Commented by lechemama at 2006-06-01 19:39

○いけださん
初めての体験だったので、今思い返しても色んな後悔が・・
レチェの時には一日だけ悔やんでも悔やみきれない一日がありました。それでもレチェは許してくれるかな・・?(^^;

アディーちゃんは穏やかなお顔が物語っていますよね。
本当に、みんなお疲れさまでした・・。
Commented by トラネコ at 2006-06-03 21:55 x
当たり前ですが、猫の人生は人間より短いので、
いろいろなドラマが凝縮されていて、
それだけに関わった人間としては、思い出だけでなく、
後悔もでるのでしょう。
でも、きっとみんな、レチェ先輩も、アディーちゃんも、
にっこり笑って旅立ったと思います。

突然ですが、今日はレチェ先輩を思い出して、
ハナオ氏のバースデーケーキをホタテにしてみました。
Commented by リリー at 2006-06-04 06:24 x
時間が癒してくれると思ってはいるものの、日に日にアディーのいない現実を感じています。
今、母が心不全で入院しているのですが、脱水症状やら何やら、アディーの時と全く同じなんです。(不謹慎?)
ふとね、アディーは将来、必ずくるであろう、肉親の死に対して準備するように、お膳立てしてくれたのかな、と思うようになりました。

レチェと今頃虹の橋で、思い切り遊んでいることでしょう。
そして、久しぶりにふくちゃんとも会っているんだろうな。
夢でいいから会いたいのに、夢も見ないんですよ。

いけださん、トラネコさん、メッセージありがとうございました。
Commented by lechemama at 2006-06-04 15:16
○トラネコさん
人間のように長い人生では忘れてしまう出来事も多いですが、物忘れが激しい私でも20年弱の猫生、次から次へと色々な事が思い出されます。
特に最後の速さは新幹線のごとく(^^;
まだまだ何かしてあげられた事は沢山あっただろうと思う反面、ごく自然に最後を迎えられたこともレチェには負担がなくてよかったのかも、なんて自分に言い聞かせたり(^^ゞ

ハナオさん、6歳になったのですね!
ホタテのバースデーケーキとっても美味しそうでした。
ハナオさん踊りだしませんでしたか?(^^)



Commented by lechemama at 2006-06-04 15:38
○リリーさん
私は一週間はまるっきりダメでしたよ・・。
実家の母などにもレチェの話をしても涙が出ないくらいの時間がたってから、報告をしたくらいです(^^ゞ
その母が猫も人も介護は同じように大変って言ってました。
私達もよくおハチのお父さんの時とレチェが同じような状態だねと話してましたし。

時間は確実に悲しみを和らげてくれますが、昨日美容院でいつもお世話になっている美容師さんとレチェのことを話していたら突然涙がでちゃって。
美容師さんも猫を飼っている方で、ふと見たら鏡に映った美容師さんの目が真っ赤に・・お仕事中に申し訳ないことをしてしまいました(^^;

天国でレチェとアディーちゃんは、はじめましてって挨拶してるんでしょうね。お互い一目ぼれしたりして?(^^)

by lechemama | 2006-05-31 12:52 | 生活 | Comments(8)