lechet club lechemama.exblog.jp

レチェ享年18歳。最高猫!メールはこちらへlechemama@excite.co.jp


by lechemama
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

骨粗鬆症の薬に注意

先日、母から困ったと電話がかかってきました。
入れ歯がぐらついて歯の治療をしたいのだけれど骨粗しょう症の薬を服用中だったので、歯科医は整形外科にいつごろ治療を始めていいか問い合わせてくれと言うし、整形外科医は歯科医が何故自分で決断しないのかと言うしで、どうしていいものか、その薬でどうしてこんなことになるのか?その薬の事をインターネットで調べてくれという内容でした。

内容は下記のとうりで、歯の治療には服用3年以上は3ヶ月以上薬を停止してからでなければいけないそうです。

骨吸収抑制薬(ビスホスホネート系)
アレンドロン酸ナトリウム水和物<経口剤>
リセドロン酸ナトリウム水和物
(フォサマック錠,ボナロン錠,ベネット錠,アクトネル錠)


[重要な基本的注意]

「本剤を含むビスホスホネート系薬剤による治療を受けている患者において,顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがある。報告された症例のほとんどが抜歯等の歯科処置や局所感染に関連して発現しており,また,静脈内投与された癌患者がほとんどであったが,経口投与された骨粗鬆症患者等においても報告されている。リスク因子としては,悪性腫瘍,化学療法,コルチコステロイド治療,放射線療法,口腔の不衛生,歯科処置の既往等が知られている。本剤の投与にあたっては,患者に十分な説明を行い,異常が認められた場合には,直ちに歯科・口腔外科に受診するよう注意すること。」

「重大な副作用」

「顎骨壊死・顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止するなど,適切な処置を行うこと。」


幸いに母はまだ半年程度の服用だったことと、整形外科医のほうから詳しい内容を歯科医に伝えてもらえるということで、歯の治療に取り掛かれるようになったそうです。
私達の年代ではまだ骨粗しょう症の薬を服用することはあまりないことかも知れませんが、薬の種類によってはこのような怖い副作用があり、この薬を服用中の方が歯の治療をしてあごの骨が壊死するという事例が起きていて、現在大きな問題となっているようです。
今回歯科医が母の服用している薬の確認をしてくれて、本当に良かったと思います。
しかし、この薬を処方されるにあたり、母は整形外科医から副作用の説明は無かったと言っていました。
効果は絶大な薬のようですが、副作用のない別の薬もあるそうなので、処方せんを出す整形外科医のほうからきちんとした説明があるべきだと、私は思います。

f0022292_21424214.jpg

[PR]
Commented by るいもママ at 2010-06-28 02:03 x
事前にわかって、本当によかったですね〜
Commented by リリー at 2010-06-28 19:53 x
このお薬、<ゾメタ>といって、乳がんの骨転移の治療によく使います。 その際、必ず開始前に歯の治療を済ませるように医師は指示します。
最近思ったこと、外科医はお薬のことは全くわかりません。だから期待しない方がいいです。 今回のように歯医者さんの方がよくわかっているケースが多いです。
お母さま良かったですね。 

ところで、今日はめでたいお誕生日ですね。
Happy Birthday! 今年一年がレチェママにとって実りの多い年となりますように。
Commented by lechemama at 2010-06-28 20:41
○るいもママさん
事前に薬と治療のリスクが解って、本当によかったです。
歯科医は小学校の同級生で、電話して直接話そうかとも思ったのですが、理解力の悪い私に算数を優しく教えてくれた子なので、多分私の母にもちゃんと対応してくれると思い、電話しませんでした(^^ゞ
Commented by lechemama at 2010-06-28 20:59
○リリーさん
がんの治療にも使われる薬なんですね。
骨粗しょう症においても、素晴らしい効果が認められる画期的な薬だそうですが、歯の治療であごの骨が溶けるほどの恐ろしいリスクを抱えることになるのならば、母の場合などは本当にこの薬を使う必要があったのかさえ疑問に思います。
薬局の処方箋には副作用や注意書きがあって、多分そこには書いてあったのかもしれませんが、処方する医師が直接説明してくれるのが一番よいと思います。が、その医師がわからないなんて・・。老人には薬のチェックまでは厳しいですよね。

お誕生日のお祝い、有難うございます!
さっき、ケーキを買おうか迷って辞めました(^^;
健康第一で今年も過ごしたいです(^^)v
Commented by トラネコ at 2010-06-30 10:12 x
おたんじょうび、おめでとうございま・・・した!!
健康で楽しく過ごせますように!!

最近、病んでいる(笑)ため、NHKの「今日の健康」の
骨粗しょう症編を見ていたら、このビスホスホネートが
特効薬であるけど副作用もたくさんあると言っていました。
でも、胃腸障害のことばっかり言っていたけど。
あの番組で言うくらいだから結構きついのかなと思っていました。
たしかに外科医、トンチンカンですよね。
お母様、お薬ノート、作ったほうがいいですよ。
シールで処方された薬を貼ってくれるので、それを見せれば、
要領を得ない素人が説明をせずに済みます。
あろうがなかろうが処方されている薬はコレですと見せると、
感じることもあるみたいですしね。

Commented by lechemama at 2010-07-01 20:17
○トラネコさん
有難うございます(^^)
体だけは健康ですので、持続したいです!

一番疑問に思ったのが、母にこの強い薬が必要かなということです。副作用てんこもりな薬ですしね(><)
お薬ノートいいですね!母に電話して作るように言います。最近では自分の飲んでいる薬の名前さえ覚えられないそうで・・(^^;
色々な病院に行ってますから、医師に全容を感じ取ってもらうのに役立ちそうですね!

トラネコさんも大変なのに、アドバイス有難うございます!
この季節は心と身体に辛いので、上手に気分転換しながら過ごしてくださいね。
Commented by くま吉 at 2010-07-01 21:30 x
レチェママさん、遅く成っちゃったけど
お誕生日おめでとうございます。(^^)/

ううん、副作用かあ。
多分、近未来にお世話になるであろうお薬です。
事前にわかってよかったですね。
Commented by lechemama at 2010-07-02 20:37
○くま吉さん
お誕生日のお祝い、有難うございます!

え~?近未来にお世話に?
そうならないように大豆製品たっぷり採りましょうよ!
最近ミルクのようにやさしいダイズというのがお気に入り。
普通の豆乳が駄目だったので、私にとってこれは更年期お助けドリンクかも(^^)
Commented by みにゃん at 2010-07-03 19:08 x
わたくしも大変遅ればせながらですが
お誕生日おめでとうございます♪

ミルクのようにやさしいダイズ、というのがあるのですね。
飲みやすそうですね。私も探してみよう~(^^)
Commented by lechemama at 2010-07-04 12:39
○みにゃんさん
有難うございます!
昨日姉から恒例のさくらんぼが届きまして、おなかをこわしそうなくらい食べています(^^ゞ

豆乳、いままで試したのは駄目だったのですが、これは飲みやすいです。
多分、糖分が多く入っているから飲みやすいのかも。
でも、お豆腐もあるブランドでないとおなかを壊してしまうヘナチョコな胃腸なので、飲みやすい豆乳を見つけたのは嬉しいです。
飲みきりの小さいパックも会ったと思います。みにゃんさんもお試しあれ~。
by LECHEMAMA | 2010-06-27 21:59 | 生活 | Comments(10)